笑顔が咲くまっしろな家

笑顔が咲くまっしろな家

お住まいについて

  • 竣工年月

    2014年5月

  • 敷地面積

    100m²~

  • 延床面積

    100m²~

  • 工法・構造

    ツーバイシックス工法

  • 家族構成

    夫婦+子供2人

  • 間取り

    3LDK

  • 本体価格

  • ブランド

Design Concept
「変わらない美しさ、変わりゆく美しさ」

変わらない美しさ・・・
すっきりとしたフォルム、リズム感のある窓配置、アクセントとなる屋根瓦。
全体のバランスを細かく整え、時が経っても変わらないデザインを目指しました。

変わりゆく美しさ・・・
贅沢に使った無垢フロアに無垢ドア、造作洗面のタイル。至る所に「本物」を採用し、
素材感にこだわりました。住み続ける中で経年変化=経年美化を楽しむデザインです。

思い出を刻み、家への愛着を深めていく、色褪せない住まい。
ここに流れる朗らかな時間は、家族を笑顔にしてくれるでしょう。


ハスカーサってどんな会社?
#2×6工法
#可愛い
#南欧風
#家族と健康に過ごす
#シンプルモダン
#耐震・断熱

"http://www.hascasa.com/"


ブランドスタッフのこだわりポイントをチェック

ファサード(昼)

ファサード(昼)

都市型のデザインと海外の伝統的なスタイルとの調和をコンセプトとした「Leche(レチェ)」のファサードは、普遍的な美しさを醸し出します。

角のアールと漆喰のテクスチャーで、柔らかさを付加。スペイン瓦をアクセントとしました。

屋根面が見えませんが、太陽光パネルが搭載されています。

エントランスホール

エントランスホール

玄関を開けると、木の香りに包まれそうな無垢の質感たっぷりのホールが広がっています。

フロアを跳ね出して仕上げた框無しの納まりが軽やかな印象。

全てオリジナルデザインの造作洗面

全てオリジナルデザインの造作洗面

ホールに鎮座する、上質なインテリアのように仕上がった造作洗面。
扉はパインの無垢材、天板にはタイル、水栓はアンティーク調デザインを採用。

たっぷりの収納スペースも奥様には嬉しいポイントです。

指し色のブルーがみずみずしく爽やかな印象を与えてくれます。

無垢で囲まれたリビング

無垢で囲まれたリビング

オークの無垢フロアに漆喰の塗り壁。無垢材で贅沢に仕上げたリビング。
窓からは燦々と光が差し込み、やさしい光に包まれる空間が広がります。
裸足で味わう心地良い足ざわりは、無垢ならではの魅力です。

白で統一したキッチン

白で統一したキッチン

キッチンの腰壁は手元が完全に隠れる高さに。天板は造作洗面のタイルと同じもので仕上げています。

レンジフードも統一感を出すために白いモデルをチョイス。

キッチンからリビングを望む

キッチンからリビングを望む

アイランドキッチンにしたことで、空間が連続してつながり、視線が抜けて開放的な印象に。

キッチンの腰壁の厚みを利用してスパイスラックを設けており、機能面も抜かりが無いデザインに。

無垢のキッチン

無垢のキッチン

キッチンとカップボードはウッドワンのスイージーで統一。端正な木目の表情が美しい無垢扉のキッチンです。

アイアンや陶器の取っ手、チェッカーガラスなど、遊びを散りばめました。

ファサード(夕景)

ファサード(夕景)

土間にアッパーライトを設置しており、外壁を照らす演出をデザインしました。

空の移ろいに合わせて変化する漆喰の魅力を引き出しています。

バランスよく配置した窓ひとつひとつが表情を作ります。
街にこぼれるこの表情も、変わらない美しさのひとつです。

こちらの実例も見られています

検索結果に戻る

まとめて資料請求

展示場・ショールーム
を探す