吉見町の家

吉見町の家

お住まいについて

  • 竣工年月

    未定

  • 敷地面積

    140m²~

  • 延床面積

    110m²~

  • 工法・構造

    木造軸組工法

  • 家族構成

  • 間取り

    その他

  • 本体価格

  • ブランド

敷地は史跡などで有名な埼玉県のほぼ中央に位置する比企郡吉見町での新築計画。個々のプライバシーや住まう人の距離感を大切にし、また個々の領域を確保しながら一体性や一定の距離感をもった空間の連続性を求め、スキップフロア構成としました。また建物全体が大きなワンルール化されており、どこにいても気温の温度差がない快適な住まいとなりました。

デザイナー 山田英彰

ブランドスタッフのこだわりポイントをチェック

ファサード

ファサード

ボックステイストのファサード計画。2色同じトーンとなるの外壁材を選定し、なめらかな印象を持たせています。また緩やかな斜めの壁を箱状の建物を覆うような形で設け、通風の通り道をつくりました。

土間収納

土間収納

大きな土間収納は玄関の奥にあり、その土間から外部空間へ直接アクセスすることができます。お車を大事にされている施主様がタイヤの交換や、洗車等へのアクセスビリティ―を向上できる導線となっています。

3階と繋がるヴォイド空間

3階と繋がるヴォイド空間

室内の三層を透過性ある強化ガラスを設置し、空間が縦方向に連続性があるようにしました。家族の気配をどの空間でも感じる事ができる装置として活用しました。

スキップフロア:リビング

スキップフロア:リビング

ワンルーム化させたLDK空間。スキップフロア構成を用い全体的に繋がりがあるLDKは段差毎に用途を分けています。

スキップフロア:ダイニング

スキップフロア:ダイニング

キッチンの横にオートクチュールのダイニングテーブルを作成しました。全長4.5mのステック状の木板が、LDK空間に優美な水平ラインとして存在し、際立たせています。

こちらの実例も見られています

検索結果に戻る

まとめて資料請求

展示場・ショールーム
を探す