各世帯に、スキップフロアによる中二階収納を計画した二世帯住宅

お住まいについて

  • 竣工年月

    未定

  • 敷地面積

    140m²~

  • 延床面積

    140m²~

  • 工法・構造

    木造軸組工法

  • 家族構成

  • 間取り

    3LDK

  • 本体価格

    ~3,000万円

  • ブランド

1階と2階とで区分けされた二世帯住宅となっていて、1階に中二階部分を設けて各世帯のプラスアルファの収納空間としています。格子で囲まれた書斎はリビングからのステップアップした空間になっていてリビングを望みながらお仕事などが出来るようになっています。2階のリビングは勾配天井となっていて高さ方向に空間を広げています。


デザイナー 得本裕晶

ブランドスタッフのこだわりポイントをチェック

玄関

庭を眺める地窓がポイントとなる玄関。玄関の姿鏡や土間と一体となった収納スペースが利便性を高めています。

バルコニー格子をアクセントとした外観

目隠しの代わりとなるバルコニーの格子がアクセントとなっています。階段下の空間を駐輪場スペースとしています。1階世帯のウッドデッキと玄関アプローチとの目隠しとなる袖壁は色を変えてアクセントとしています。

格子と梁がアクセントのアジアンリビング

リビング階段と中二階の書斎のテスリが格子となっていてリビング空間のアクセントとなっています。化粧梁を自然塗料のリボスで塗装しています。バルコニーにはウッドデッキを敷きリビングと一体となった空間を演出しています。

リビングを望む中二階の書斎

リビングからの中二階階に設置された書斎空間。落下防止のテスリを格子で組む事でリビングとの程よい空間の繋がりを演出しています。

庭へと繋がるウッドデッキ

1階のリビングからつながるウッドデッキ。外観のアクセントとなっている袖壁は目隠しの役割もはたしています。リビングの床材と近似色のデッキ材とすることで空間の広がりを感じさせます。

パウダールーム

木製のカウンターを採用したパウダールーム。1階に設置された中二階収納の上にあるためキッチンから下がった場所にありリビング空間からの距離感を保っています。

こちらの実例も見られています

検索結果に戻る

まとめて資料請求

展示場・ショールーム
を探す