S-HOUSE

S-HOUSE

お住まいについて

  • 竣工年月

    2019年5月

  • 敷地面積

    120m²~

  • 延床面積

    90m²~

  • 工法・構造

    木造軸組工法

  • 家族構成

  • 間取り

    3LDK

  • 本体価格

  • ブランド

自らも大工であるお施主様が「やはり和の家。そして和の家なら、ポウハウスの和美庵」と信頼して当社に託してくださったS様邸。 そのこだわりと美意識は、玄関周りからすでに見て取れます。 明るく晴れやかな大空間もいいけれど、心からくつろげる落ち着いた空間も素敵です。 プライバシーやセキュリティにも配慮して、外には閉じて、中には開く。そんな開閉の妙を感じるお家です。

ブランドスタッフのこだわりポイントをチェック

玄関

玄関

砂利洗い出しのたたき。光と緑を透かす、すりガラス。畳敷きの玄関ホール。黒い木枠が凛と空気を引き締める、純白のふすま戸。天井に設けられた精緻な木組みの飾り天井が圧巻です。

リビング

リビング

黒い外観もあいまって、一見日当たりが気になるS様邸。しかし実際には、室内に入ると驚くほどに明るい居住空間が広がっています。
その秘密は、室内にいる人と、道行く人の目線の高低差。
人通りのある1階は高い位置に、人目を気にしなくていい2階は、低い位置に横長の窓を向けることで、日照効率のいい
さわやかな室内を実現しています。

リビング

リビング

リビングにソファを置かない「座の暮らし」。靴を脱ぎ生活する、内と外を明確に分けた日本住宅の特徴を生かしたリビング。

玄関

玄関

玄関とリビングは障子のしきりで、柔らかにつなぐ。

外観

外観

高低差を活かした横長の窓を、
リビングの角に設定した2面採光である点も、S邸の特徴です。
季節・時間によって動く太陽の高さや風向きを、2つの角度からやわらかに邸内に取り込むことができ、それでいて、
室内からは視線の抜けで開放感をもたらす。
日照・通風・さらに断熱にも配慮して快適な室内環境をかなえる、
絶妙の窓レイアウトとなっています。

こちらの実例も見られています

検索結果に戻る

まとめて資料請求

展示場・ショールーム
を探す