ガレージのある市川の家

お住まいについて

  • 竣工年月

    未定

  • 敷地面積

    140m²~

  • 延床面積

    120m²~

  • 工法・構造

    木造軸組工法

  • 家族構成

  • 間取り

    その他

  • 本体価格

  • ブランド

住居・敷地・街という範囲で考える。 建物は圧迫感を与えないようにセットバックして計画。テラスに設けた壁が、生活する人の視線と歩行者側の視線でどちらからも重なる。その場所は光と風を取り込み中にいる人が出たくなるような形とし、さらにそこから繋がる街には末広がりになるようにした。白い壁は歩いている人に興味を持たせる。閉鎖と開放の中間点とした。 街からの視点と住居内からの視点が程良く重なり、自然とコミュニケーションを誘発するよう意識した配置になっている。

デザイナー 大湖正之

ブランドスタッフのこだわりポイントをチェック

ファサード

プライベートテラスを設け、開け放しの暮らしができる。心地いい開放感から街へとつながる住まい。

リビング・ダイニング

白と黒のモノトーンな空間を創出した。吹抜けとテラスの繋がりが開放的に感じさせてくれる。

テラス

プライベートテラスを設け、開け放しの暮らしができる。心地いい開放感から街へとつながる住まい。

ガレージ

玄関を入ると、ガレージとつながったエントランスが現れる。また、リビングとは仕切りが無く、1階部分が1つの空間となっている。

キッチン

キッチンはOPENスペースなつくりで、リビング・ダイニングを見渡せる。

こちらの実例も見られています

検索結果に戻る

まとめて資料請求

展示場・ショールーム
を探す