猫と暮らす中庭のある家

猫と暮らす中庭のある家

お住まいについて

  • 竣工年月

    未定

  • 敷地面積

    140m²~

  • 延床面積

    110m²~

  • 工法・構造

    木造軸組工法

  • 家族構成

  • 間取り

    その他

  • 本体価格

  • ブランド

猫ちゃんが自由に外を眺められる環境を確保しながら、カーテンなしでも過ごせる中庭のあるお家。リビングはいつも明るく、2階フロアにはお施主様の遊び心が詰まっています。担当したデザイナー自身も猫が好きなため、蓄積したノウハウを活かし、猫ちゃんたちが快適に過ごせるよう細かな工夫を随所に施しました。

ブランドスタッフのこだわりポイントをチェック

シンプルでシックな印象の外観

シンプルでシックな印象の外観

外壁のコントラストがシックで落ち着いた印象を与える外観。建物正面に配置した格子や木質の玄関ドアが外観を彩るアクセントに。格子の外からは内部の様子が分かりにくく、陽光に恵まれた南西向きの立地を活かしながらプライバシーにも配慮しました。

開放感を与える高天井のあるリビング

開放感を与える高天井のあるリビング

縦にも横にも広がりを感じる約24.75畳のLDK。リビングの上部は高天井になっており、一緒に暮らす猫ちゃんが快適に暮らせる工夫が詰まっています。高天井は2階フロアの半分くらいまでの高さを使うことで、LDKに開放感が生まれます。

やさしい木素材を使用したキャットスペース

やさしい木素材を使用したキャットスペース

リズミカルに取り付けたキャットステップと自由に過ごせるキャットウォーク。それぞれに本物の木素材を使用し、リビングの床と色味を揃えて雰囲気を統一しました。高い所が好きな猫ちゃんが思い思いに過ごしたり、上下運動で体を動かせるお気に入りの場所です。

キッチンからリビング全体がみえるLDK

キッチンからリビング全体がみえるLDK

LDKはキッチンからダイニング、キャットウォークのあるリビングまで一直線につながります。ペニンシュラ型のキッチンは回遊動線を確保し、階段からのアクセスがスムーズなのもポイント。床材はお手入れがしやすい朝日ウッドテックの突板、ブラックウォルナットの落ち着いた色味です。

外の空気と日差しに触れる中庭

外の空気と日差しに触れる中庭

猫ちゃんがのびのび自由に歩き回れるように中庭を計画。中庭から外を眺められつつも外へは逃げないように、格子の間隔をお施主とお打ち合わせしています。デッキスペースでは、外の空気を感じながらバーベキューなどを楽しまれてるそうです。

プライベートを確保した書斎

プライベートを確保した書斎

カウンター上部にブックシェルフを設え、シンプルで無駄のないスマートな空間に仕上がりました。書斎をリビングから離れた2階に配置することで、お仕事や趣味などに集中できます。

土間テラスと繋がるSIC

土間テラスと繋がるSIC

可動棚を備えたSICは中庭の土間テラスに隣接。十分な収納スペースと猫ちゃんが自由に動ける動線を確保しています。

2.5階の癒しスペース

2.5階の癒しスペース

リビングの上に位置する2.5階。2階ホールから少し高さのあるロフトのようなスペースです。2階にある浴室からの動線が良いのでお風呂上りにゆっくり過ごせるよう、スーパー銭湯の休憩室をイメージしました。

こちらの実例も見られています

検索結果に戻る

まとめて資料請求

展示場・ショールーム
を探す