二ッ宮の家

二ッ宮の家

お住まいについて

  • 竣工年月

    未定

  • 敷地面積

    110m²~

  • 延床面積

    100m²~

  • 工法・構造

    木造軸組工法

  • 家族構成

  • 間取り

    4LDK

  • 本体価格

    ~2,500万円

  • ブランド

閑静な住宅街にある敷地を背景に計画。東南の道路に接道する敷地の中で、開放的でありながらも外部の歩行者から室内が覗かれない事と生活臭が外部にもれない空間構成を計画した。施主様の趣味であるロングボードを収納するため、スキップフロア構成を採用し、玄関とつながるSICは天井高を3,500mm確保した。また、ラフな仕上にする為、あえて壁は合板仕上を採用。11.58㎡ある玄関・ホールはただの通過導線の為だけのスペースとしてではなく、ロングボードのメンテナンスやゲストと趣味を語らえるマルチスペースの用途を付け加えた。 階段を上ると、ワンルーム化した解放感あるLDKを配置した。勾配天井で天井高を最大3,300mm確保し、オートクチュールで作成した収納什器が印象的で、スキップフロアのダイニングキッチンとリビングを意識的につなぐ装置として設けました。キッチンからは2階の全て空間を見渡すことができる。


デザイナー 山田 英彰

ブランドスタッフのこだわりポイントをチェック

新しい土間の発想

新しい土間の発想

新しい土間の発想:シャンデリアとミンクジミー
11.58㎡ある玄関・ホールはただの通過導線の為だけのスペースとしてではなく、ロングボードのメンテナンスやゲストと趣味を語らえるマルチスペースの用途を付け加えた。居室の雰囲気を演出する為、意匠性あるシ

リビングからダイニングキッチンをみる

リビングからダイニングキッチンをみる

ダイニングキッチンから+500mmの段差を設けたスキップフロア構成を採用、バルコニーが隣接する場所にリビングを設けた。オートクチュールで作成した収納什器がブリッジの役割として、スダイニングキッチンとリビングを意識的につなぐ。

ダイニングキッチンからリビングをみる

ダイニングキッチンからリビングをみる

ダイニングキッチンから+500mmの段差を設けたスキップフロア構成を採用、バルコニーが隣接する場所にリビングを設けた。オートクチュールで作成した収納什器がブリッジの役割として、スダイニングキッチンとリビングを意識的につなぐ。

フリースペースからバルコニーを見る

フリースペースからバルコニーを見る

額縁のように切り取られたサッシュが東南側から沢山の自然光を室内に誘う。ダイニングテーブルは朝食を食べるときには爽快な空間の中、自然光や風を感じながら家族の団欒を楽しんで頂ける。

リビングから見た東側のダイニングキッチン

リビングから見た東側のダイニングキッチン

ステンレスで構成されたシステムキッチンとダイニングテーブルが印象的なスペース。後部の収納はオリジナル食器棚を採用し、約L:5,200mmの収納をクロスと同色とし、ミニマルな空間を演出した。

キッチンから道路面をを見る

キッチンから道路面をを見る

額縁のように切り取られたサッシュが東南側から沢山の自然光を室内に誘う。ダイニングテーブルは朝食を食べるときには爽快な空間の中、自然光や風を感じながら家族の団欒を楽しんで頂ける。

10フィートのロングボードを収納

10フィートのロングボードを収納

サーフィンが趣味である施主様のご要望により、SICは通常とは異なり天井高を収納に合わせて計画した。10フィートのロングボードが格納出来、また靴の量が多い施主様には既製品の下足いれではなく、可変性に長けた可動式の収納を採用。

ボックスが組み合わされたファサード計画

ボックスが組み合わされたファサード計画

4つのボックスを組み合わせ、その隙間から風や自然光を室内に誘うファサード計画。

こちらの実例も見られています

検索結果に戻る

まとめて資料請求

展示場・ショールーム
を探す