Case 建築実例

SLIT HOUSE

『スリットから街とつながろう。』
都内近郊の住宅地においての計画。その立地条件や周辺環境からプライバシーを重視し、過度に閉鎖されたデザインが多く見られる。閉ざされた住宅が並列した街並みは、コミュニケーションを失い、空虚な場になって行く。今回の計画においては『繋がり』をコンセプトに、街に面した部分にスリットをもうけ住空間と街をつないだ。人と街をつなぎ『個』だけでなく『集』で生活していく街へ発展できるような住まいを提案したい。


デザイナー 大湖正之

SLIT HOUSE
リビング

リビング

1段上がったマルチスペースは最初は子供の遊び場から時間の経過と共に、その時のライフスタイルによって用途を変えていく。

ダイニングキッチン

ダイニングキッチン

キッチン・ダイニングと階段途中にあるマルチスペースなどそれぞれの居場所が自然と繋がるようになっている。

リビング

リビング

外部と繋がるリビングは、上部が吹き抜けており空間全体に一体感があり、住まう人にお互いの位置を自然と認識させる。

リビング

リビング

リビング・外部のテラス、SLITを介して街とつながる。街とのつながりを持った住まいは地域コミュニケーションを発生させる。

外観

外観

「SLIT」を形成する壁は、シンプルなデザインであり、街と程よい距
離感を持って繋がる場を創り出す。プライベート性リビング~デッキ
~街へそこから挨拶や会話が生まれる。

外観

外観

住まいの中の一部を外に誘導するようにデザインにした事で、誰かと接するきっかけを自然と増やしていく。その結果コミュニケーションが発生する。そのような環境を日常生活の中に組み込んでいくことで、意識せずとも様々な事に興味を持つ事が出来る。

ブランド

POHAUS(ポウハウス)

竣工年月 未定
敷地面積 140m²~
延床面積 100m²~
工法・構造 木造軸組工法
家族構成
間取り 3LDK
本体価格 ~2,500万円

体感すまいパーク

5つのブランドをまとめて体感 きっとお気に入りが見つかります